施工事例 by タカラベルモント

HOME > サロンづくりに関する情報 > 空間デザイン > 施工事例 > 詳細:PH7本店

アシンメトリー、前洗面のカタチ

本工事は創立50周年の節目としての全面改装工事。
「理容室っぽくない理容室」「ナチュラルな温かみ」「敷居が高くないスパ空間」が求められた。
従来の理容室のシンメトリーで堅い印象の前洗面のイメージをほどよく崩すことから全体を構成しようと試みた。
ファサードは上部のシンプルな白いボリュームとそれを支えるタイルのボリュームが内部に繋がっていく。
タイルのボリュームは左右で大きさが異なり、その一方は内部につながり門型のスタイリングスペースを形成する。
一見シンメトリーのファサードを、左右のボリュームバランスを整え、内部でアシンメトリーにすることで堅い印象を崩す。
門型のセット面の前洗面の瓶箱を片側のみにし、ミラーと重心をずらすことで従来のシンメトリーで堅い印象の前洗面がずらっと並ぶ理容室をは差別化した。
空いたスペースにワゴンを収納し、必要なときには取り出して利用できるように計画した。
奥のスパスペースは明るめの色調のナチュラルな雰囲気とし、女性にも受け入れられるような半個室空間とした。
半個室であるが逆に素材感を前洗面のセット面より軽くすることで、敷居が高い印象を与えないようにした。



他の施工事例を見る

お知らせ